• AWS
    AWS Startup
    Architecture
    of the
    Year 2018 受賞
  • Google Cloud
    Google Cloud
    テクノロジーパートナー
  • Cloud Ace
    セールスパートナー

Game Server Services

Durable server with good price.

手頃な価格で落ちないゲームサーバは欲しいか?

使用量に応じた料金体系で、
個人からプロまであらゆる規模で使える、
ゲームサーバのクラウドサービス。

今すぐ無料体験

Feature

Point.01

サーバダウンの恐怖から解放。

GS2 は秒間10万アクセスを超える負荷テストを実施しそれ以上のアクセスを受け入れられることを確認しました。
これはローンチ時に未曾有のアクセスが発生し、1,000台以上のサーバーを用意したというSINoALICEのピーク時のアクセスの2倍以上です。

Point.02

手頃な価格でご利用可。

GS2 は初期費用無しで、サーバのAPI呼び出し回数など利用状況に応じて料金が計算されます。
そのため、高品質なサーバーシステムを手ごろな価格で利用することが出来ます。

Point.03

ゲームに少額課金を。

GS2を使えば課金通貨を用いた少額課金モデルをすぐにゲームに組み込むことが出来ます。フリートゥープレイモデルで多くのプレイヤーにリーチしつつ、ファンになってくれたプレイヤーから多くの対価をもらえる仕組みを構築出来ます。

Point.04

ゲームのニーズに
合わせて
カスタマイズ。

GS2には、アカウント新規登録時、レベルアップ時、クエストクリア時など様々なタイミングでサーバサイドでスクリプトを実行できます。この仕組みを使うことでゲームの特徴にあわせてゲームサーバーの動作を自由に拡張できます。

Service

資金決済法に対応した
課金通貨管理。

Very useful.

GS2-Money

ガチャなどで使用するゲーム内の課金通貨は資金決済法という法律に基づいて管理しなければなりません。
GS2-Money には通貨の利用履歴や未使用残高、課金通貨を購入時の価格に応じて単価管理するといった資金決済法に対応するための機能を有しています。

その他の機能

GS2 SDK & Price

GS2 SDK

GS2の機能は REST API を経由して利用するのを基本としていますが、もっと快適にサービスをご利用いただけるように各種言語向けにSDKも提供しています。PHP, Ruby, Java, Python, C++ 向けのSDKをApache License Version 2.0 で提供しています。
また、サーバ開発のノウハウを持たない開発者向けにUnity / Cocos2dxで利用できるSDKも提供しています。

Price

GS2は従量課金制を採用しており、いくら費用がかかるのか予測が難しい面があります。そのため、料金計算ツールを用意しています。
開発中のゲームタイトルの特性を入力して、各サービスの利用料金の試算を行うのにご利用ください。また、利用料金に関する情報をドキュメントにも掲載しています。導入のご参考にお役立てください。

Case Study

私、猫で飛びます。

私、猫で飛びます。

前作で採用・運用させて頂いた範囲ではとく大きな問題もなく、エンドユーザーに課金サービスを提供し続けることができた実績があったためです。 導入のしやすさもありましたが、課金サービスを安定して提供できるという点が主になります。

SOCCER DUEL ONLINE

SOCCER DUEL ONLINE

資金決済法に対応する課金通貨購入、管理してくれるサービスを探していたところ、GS2を見つけました。SOCCER DUEL ONLINE は Unity で開発を進めており、Unity 向けの SDK を提供している GS2 はすぐに導入できました。

おひとよしカメたろう

おひとよしカメたろう

ゲーム内で仮想通貨を用いたガチャ機能の導入する予定でしたが、弊社では購入した仮想通貨の個数管理・レシートチェックなどのサーバーサイド処理の実装実績はありませんでした。

Questions and Answers

Q. 第一世代と第二世代は何が違うのですか?

A. 第一世代は今すぐご利用いただけます。
第二世代は7月のβテスト開始をお待ちいただくこととなります。正式サービスは年内を予定しています。
第一世代は時間あたりの利用料金とAPI呼び出しあたりの利用料金の組み合わせで提供していましたが、より明瞭な料金体系にするべく第二世代はAPI呼び出しあたりの利用料金1本に統合しました。(一部のサービスは異なる料金モデルを採用しています)
第二世代は 1回のAPIアクセスあたり 0.02円で、毎月100万回(2万円相当)の無料枠があります。

Q. 登録にお金はかかりますか?

A. いいえ、登録しただけではお金はかかりません。
登録後、実際にサービスをご利用いただき、無料枠を超えてご利用いただいた際に費用を請求させていただきます。
利用料金の見積もりは 料金計算ツール を使って概算を出すことができます。

Q. 個人開発者ですが利用できますか?

A. はい。どなたでもご利用可能です。
ただし、無料枠を超えてご利用頂く場合はクレジットカードの登録が必要となるため、クレジットカードを作成できる年齢以上の方に限ります。

Q. 登録から利用できるまでどのくらいかかりますか?

A. 登録いただいた直後からご利用可能です。
現在エントリー受付中の 第二世代GS2 はβテストは7月頃の提供開始を予定しており、エントリーいただくことで最新情報をお届けします。

Q. 登録から使い始めるまでの流れを教えてください

A. このページの下部にある登録フォームから登録いただくと、確認メールが届きます。
確認メールに記載されたURL にアクセスすると、ご利用者の情報を登録するフォームが表示され、そちらを入力いただくことでマネージメントコンソールへのログインが完了します。
サービスメニューより利用したいサービスを選択し、初期設定を行ったあと GS2 SDK を使用してサーバーの機能を利用できます。

Q. 機能別にサービスが利用できるとは、具体的にどう利用できますか?

A. 登録後マネージメントコンソールにログインしていただくと、各機能ごとに管理ページが別れて表示されます。
その中で利用したいサービスを選択し、初期設定を行うことで利用を開始できます。
例えば、課金通貨管理(GS2-Money)の設定しかしなければ、他の機能に関する料金が発生することはありません。

Q. Unity でゲームを作っています。GS2 はどのようにゲームに組み込めますか?

A. Unity 向けの SDK を利用することでゲームに組み込むことができます。
プレファブを配置するだけで組み込める高レベルSDKと、コードを書いて組み込む低レベルSDKを提供しています。 詳しくは GS2-SDK for Unity をご確認ください。

Q. PC・コンソール機向けのゲームでGS2を利用できますか?

A. はい。GS2 のサービスは スマホ・PC・コンソール機・ブラウザゲーム に対応しています。
ここに記載がないプラットフォームでも、HTTP による通信ができる環境であればご利用いただけます。
サービスによっては WebSocket を使用する場合があります。

Q. GS2 のデータセンターはどこにありますか?

A. 7月に開始予定のβテスト期間は日本リージョンのみ提供します。
年内に開始予定の正式サービスでは 「日本」「北米」「欧州」の3リージョンでサービスを提供開始する予定です。
記載のない地域向けのデータセンターが必要な場合はお問い合わせください。

Lineup / Entry

GS2

  • 今すぐ利用を開始出来る
  • アカウント管理や課金通貨機能といった基本的なネットワーク機能に対応

今ならクレジットカードの登録無しで30,000円分のご利用、または3ヶ月間お試しいただけます!

利用規約

本利用規約(本規約)は Game Server Services 株式会社 およびその関連会社が提供するサービス(本サービス)の利用に関して禁止される事項を記載したものです。
本規約に記載れている内容は例示であって、全てのケースにを網羅しているものではありません。当社は本規約を随時改定する可能性があります。
サービス利用者は本サービスの利用を持って最新版の利用規約に同意したものとみなされます。
本規約に違反した場合、または他人が規約の違反を行うよう助長した場合は、当社はサービスの利用を停止または中止することがあります。

違法な利用を禁止
本サービスを法律に反する利用することを禁止します。
順守すべき法律は日本国および本サービスを利用してエンドユーザに提供する国の法に従った利用をしてください。

セキュリティ違反・不正アクセスの禁止
本サービスを提供しているサービス基盤に対する脆弱性を探るための攻撃、および不正アクセスを禁止します。
また、本サービスを介した外部サイトへの攻撃、および不正アクセスを禁止します。

モニタリングと強制措置
当社はこれらの不正行為を行っている事に関する調査を利用者の許可無く実行する権利を持ちます。
しかし、当社はこの権利を行使する義務を負うものではありません。
調査の結果不正利用が発覚した場合は、不正利用を制限する。または削除、本サービスの利用を停止します。

本サービスが保持する情報の管理
当社は本サービスが保持するあらゆる情報を監視、編集または削除する義務を負うものではなく、
当該情報の適法性、道徳性、その他の一切について何らの確認を行う義務を負うものではありません。
利用者と第三者の間で、本サービスが保持する情報による紛争が発生したとしても当社は一切責任を負いません。

サービスの休止と終了
当社は利用者の許諾なく本サービスを休止または終了する権利を持ちます。
ただし、本サービスを休止または終了する際には最低3ヶ月前に当社のウェブサイト上で利用者に告知する義務を負います。場合によっては、登録アカウントのメールアドレスに対して電子的に通知します。
サービスの休止・終了の告知から実施までの期間 利用者の請求に対して、本サービスが保有するデータを可能な範囲で提供する義務を負います。
サービスの休止・終了に伴って、アプリケーションの改修が必要になったとしても当社はその責任を負わないものとします。
サービスの休止・終了時点でプロモーションクレジットの残高がある場合、サービスの休止・終了時点をもって無効となります。

賠償
当社の過失によりサービスが停止するなど、利用者に不利益が発生した場合、利用者はサービスが停止した期間のサービス利用料金を最大として賠償として請求する権利を持ちます。
ただし、当社に故意または重過失がある場合はこの限りではなく、利用者は過去3ヶ月間の利用料金を最大として賠償請求する権利を持ちます。

本規約の終了および解除
利用者は本サービスに存在するあらゆる情報を削除または放棄することで本規約を終了させることができます。

GS2 gen2 β

7月β版
公開予定!

  • APIコール回数ベースの料金体系
  • 本格的なスマホゲームが構築可能

今年7月にβ公開予定の GS2 gen2 に関する最新情報、クローズドβテストにご興味がある方は以下のフォームよりエントリーください。